専業主婦と総量規制

専業主婦の方がカードローンを申し込めない、あるいは申し込んでも審査に落ちてしまいがちな理由として最も大きいのは貸金業法の一つである「総量規制」の存在です。現状この総量規制がある限り専業主婦の方が消費者金融や信販会社から融資を受けるのは難しく、また銀行であっても限度額は低めに設定される事になります。(>>>専業主婦でも借りられる銀行カードローン)本来金融機関の利用者が返済不可能な程の高額融資を制限する目的で制定されたのが総量規制であり、事実一定の成果をあげている画期的な貸金業法でもあります。しかし融通の効かない所がありこの法律によって専業主婦の方は実際の返済能力を問わず特定期間からの融資を受ける事が出来なくなっています。


総量規制とは

さて問題の総量規制ですがこれは「利用者年収の1/3を超える金額の融資を金融機関は行ってはならない」とする法律です。例えば年収300万円のAさんならば融資を受けられる金額の上限はこの法律によって100万円に制限される事になります。また総借入額が対象である為AさんがA社から50万、B社から30万、C社から20万借りていた場合であっても年収に対して合計100万円の融資を受けている事になるので、ABCいずれの会社においても追加融資を受ける事が出来なくなる他、新規会社D社に申し込んでも総量規制が原因で審査に通らなくなります。またAさんがC社を完済した場合20万の猶予が生まれるので枠が回復し、A社あるいはB社から20万までの追加融資が受けられるようになる他D社への申込も可能になります。また対象は「銀行を除く金融機関(消費者金融、信販会社)」による「利用目的自由な融資」である事から、銀行カードローンはこの総量規制の対象になりません。同時に住宅ローンや奨学金、おまとめローンやクレジットカードのショッピング機能のような融資の段階で目的がはっきりしているローンも総量規制の対象になりません。 総量規制を理解しよう

総量規制と専業主婦

専業主婦の方は「専業」主婦である事から基本的には仕事をしておらず家事に専念している女性という括りになります。つまり言ってしまえば自分自身の収入を持たない人という事になります。総量規制は利用者年収の1/3を超える金額の貸付を制限する為、収入が0の専業主婦だと0の1/3、つまり0円までが法定範囲内で貸付可能という事になります。要するに総量規制の対象にならない方法、例えば銀行のカードローン等でしかお金を借りられないという事です。逆にアルバイトやパートとして働いていて定期収入のある方なら主婦であっても総量規制の範囲内であればカードローンが利用できる事になります。

>>>夫に内緒でカードローン