専業主婦と審査

性別や職業問わず金融機関を利用しようという人全員が直面する壁に「審査」があります。サイトの冒頭でも簡単に説明しましたがいくら貸金業者とはいえ返す宛のない人間に融資をする訳にはいかないので「審査」によって、融資希望者が利用者適性に適っているかを確認します。一般的な審査ではまず利用希望者の返済能力(年収や勤続年数、現在の総借入額と総借入先数等)を中心に、利用者が信用できる人間か(信用機関に問い合わせる事で債務整理や自己破産、公共料金やクレジットカード代の滞納や未払いが無いか等)や資産(家や車、いざという時に頼る事の出来る人的資産等)といった項目を元に利用者の適性を検証していきます。しかし専業主婦の方の場合「本人年収が0」の為審査の根幹部分にあたる「返済能力」が認められず通常の審査では通過不可能ないし圧倒的不利という事になります。(>>>専業主婦でも借りられる銀行カードローン)そこでここでは少し通常の審査とは異なる専業主婦の審査について紹介します。


専業主婦と配偶者年収

専業主婦の審査において大切なものとははっきり言ってしまうと「配偶者年収」もとい配偶者の返済能力です。そもそも専業主婦の人がカードローンを利用する場合、配偶者の収入証明や同意が必要かつ配偶者の融資可能枠をシェアする「配偶者貸付」と、配偶者の同意を必要としない「無収入者向けカードローン」の2種類が存在します。また前者はある程度高い限度額が約束される一方で配偶者の協力が必須、後者は配偶者に内緒で利用できる一方で限度額が低めとなっています。そして前者は言わずもがな「配偶者年収」が審査において非常に重要になってくるのは勿論、配偶者に秘密の後者であっても多くの会社が貸付条件に「配偶者に安定した収入がある事」を掲げている以上無関係ではありません。前者のように収入証明は不要なのであくまで自己申告という形にはなりますが、後者の「無収入者向けカードローン」であっても配偶者の返済能力というのは大なり小なり重視されてくる事になります。 要チェック

他のステータスにも注意

また配偶者年収は重要ですが信用情報や資産といった他の審査基準も決して蔑ろにしてはいけません。例えば申し込みフォームに嘘や誤字が発見された場合通常のカードローン審査同様「信用ならない人間」として審査に落ちてしまう他、本人様あるいは配偶者の方が現在既にまとまった額融資を受けている場合当然審査に通り辛くなってきます。また本人様の信用情報は勿論場合によっては配偶者様の信用情報も審査に影響してくる為、しばしば申し込みによってお互いの借金が発覚して泥仕合になるなんて事も…専業主婦ローン向けの対策は勿論通常カードローン向けの対策もあわせて行っておく事が審査では重要になってきます。

>>>専業主婦の即日融資