夫に内緒でカードローン

専業主婦の方がカードローンを利用する方法は主に二種類あり、一つが配偶者の同意を必要とし配偶者の融資可能枠を共有してもらう事で融資が受けられる「配偶者貸付」、そしてもう一つが専業主婦をはじめとした自身の収入が無い人でも利用する事ができる「無収入者用カードローン」になります。(>>>専業主婦でも借りられる銀行カードローン)配偶者貸付は通常の商品に相当する高い限度額で融資を受ける事が可能ですが、利用には必ず配偶者の協力が不可欠となります。その為「夫に内緒」でカードローンを利用するのであれば必然的に専業主婦の方は「無収入者用カードローン」を利用する事になります。


専業主婦専用カードローンについて

無収入者用のカードローンは配偶者貸付や通常の商品に比べて極端に低い限度額となっています。業界平均は凡そ30万円前後であり多い所でも100万を超えるような事はありません。その代わり配偶者の同意書や収入証明書の類がなくても融資を受ける事ができる為、結果として旦那様に内緒でお金を借りる事が出来るようになっています。ただ原則申し込みの条件として配偶者の収入証明こそ不要でも配偶者の方に安定した収入がある事を申込条件として設定している所が殆どです。また銀行であれば何処でも総量規制対象外である事から専業主婦専用のカードローンを扱っているかと言われればそうではありません。収入のない相手にお金を貸すというのは金融会社側にとってもリスクの高い事なので、資本力のある大手銀行の一部のみが取り扱っているのが現状です。 夫に内緒で借りられる

他の発覚要因にも注意

なお例え「無収入者用カードローン」を利用した場合でも旦那様にカードローンの利用が発覚してしまうケースがいくつかあるというので簡単に紹介しておきます。例えばキャッシング用のカードや利用明細が自宅に届いているのをたまたま旦那様が手にとってしまい発覚するケース、これはインターネット完結申し込みやWEB明細を利用する事で未然に防ぐ事ができます。また在籍確認(本人確認)の電話が原因で利用が発覚してしまう場合もありますが、これは申し込みの段階で予め銀行側に「夫には内緒にしたい」という旨を伝えておく事である程度配慮してもらう事が可能です。あとは返済が滞り催促状が届く、あるいは催促の連絡がかかってくる事で利用がばれてしまうケースもあると言いますが、こればかりはきちんと期日に必要量お金を返せなかった事に非があるので難しい所です。ただ事前に期日返済が出来ない事がわかっていれば、銀行さんに何時までにいくら必ず返すから待ってほしいという事さえ伝えておけばある程度ではありますが待ってくれると言います。